面倒な手間を削減できる

>

送るために必要な情報

個人情報を間違えない

これまでは手書きで送り状を作成していたでしょう。
送り状に自分と、相手の個人情報を記入します。
しかし手書きでは、間違うかもしれません。
間違えたら正しく届かないので、やり直しになります。
無料でやり直せますが、余計な時間が掛かるので1回で正確に書いてください。
しかしアプリを利用すると、個人情報をスマートフォンから入力できます。

それなら漢字を間違えることもないでしょう。
住所に難しい漢字が使われている地域もあります。
毎回、辞書を見ながら書いていた人もいるのではないでしょうか。
入力すれば、そのような手間もなくなります。
宅配便が荷物を引き取りに来たら、アプリのQRコードを見せてください。
読み取って、送り状を印刷してくれます。

アプリに登録しておこう

住所を、いくつかアプリ内に登録できます。
自分の個人情報はもちろんですが、さらに頻繁に荷物を送る相手の個人情報も登録しておきましょう。
毎年お中元やお歳暮を送っている相手や、実家の個人情報を登録すると便利でしょう。
すると宅配便が自宅に来てすぐに手続きが終了するので、忙しい人でも大丈夫です。
時間が空いている時に、個人情報の入力を済ませておきましょう。

宅配便が来てからアプリに入力していると、待たせてしまいます。
いつでもアプリをインストールできるのですから、事前に行ってください。
全ての用意が完了したら、宅配便に集荷の依頼をすると良いですね。
スムーズに集荷が終わるよう、自分にできることを実践してください。